staff3.gif

 

 

staff2.jpg
──産業保健師のお仕事内容について教えてください。

小倉 企業内で働く社員のために、産業医の先生方や衛生管理者たちと共に、健康維持や増進のための具体的な取り組みを提示しています。社員の皆さんに長く元気で働いてもらいたい、まさにその一心で生活面や精神面、職場環境改善のためのサポートをしているのですが、それにはまず、現在の健康状態を正確に把握する必要があります。

──だからこそ対面でお話をする機会を多くつくっているのですね。

小倉 事業所の訪問や、健康診断の際など、できるだけ多くの社員に会えるようにスケジュールを組んでいます。そうしなければ効果的なアプローチができません。問いかけに対する答えが「YES」or「NO」だけで終わらないよう、言葉の奥に隠された心配事や気になるポイントを本人の口から引き出すよう心がけています。



──社員の健康を支えているのは、「この人に相談すれば大丈夫」といった安心感だとも言えるでしょう。

小倉 数千人単位の健康を管理していますからね。初対面の方も多いですし、自分の身体のことを保健師相手にどこまで正直に話していいものか、皆さんが探っているのがとてもよくわかります。心を開いてもらえるよう努めるのは当然として、とにかく耳をかたむけ、親身になって繰り返しお話を聞くこと。まずはそこからです。




≪先輩からのメッセージ≫

各種保険はもちろんのこと、出産・育児休暇などの福利厚生面も充実しています。保健師の資格をもっていて、復職を希望されている方も多いと思います。ぜひ気軽に連絡してくださいね。私自身、子どもの急な発熱など突発的な出来事にも、先輩や同僚の気遣いに助けられて乗り切ってきました。みんなで支えあう、温かい職場ですよ。